バッテリーの充電がすぐに無くなるようになったらiPhone修理店に依頼

バッテリーの充電がすぐに無くなるようになったらiPhone修理店に依頼 iphoneを1年以上使っていると、バッテリーの劣化を感じます。
朝は100%の状態に充電していても、夕方には切れてしまうということも少なくありません。
このような時は、iPhone修理店で交換の依頼をすることをおすすめします。
自分で交換できれば楽なのですが、iphoneは全てのモデルが内蔵式であるため、自分ではバッテリー交換はできません。
近くにiPhone修理店が無い場合は、郵送で送ることで対応してもらえます。
また、正規店に依頼すると交換だけしてもらいたくても、データを一度全部消去する必要がありますが、iPhone修理店では、データをそのままで交換することが可能です。
店舗を選ぶ際には、あまりにも価格が安すぎるのは、品質が低い物を扱っているケースが多いので避けるようにしましょう。
交換後の保証とアフターケアをきちんと提示しているかどうかも、信頼できる店舗を見分けるポイントです。
有料で保証を付けているところもあるので、依頼する前に確認する必要があります。

バッテリーの持ち時間に不満があればiPhone修理のお店へ

バッテリーの持ち時間に不満があればiPhone修理のお店へ バッテリーの持ち時間が悪くなって来たら、そろそろ電池の寿命が到来している証拠です。
iPhoneに使われている内臓電池は、耐久性に優れていますが、それでも購入してから2年から3年程度でその寿命を全うします。
3年以上経過しても、一応普通に使えますが経年変化によって充電効率がかなり悪くなっているのが難点です。
ネット動画サイトの視聴や地図アプリの利用、位置情報を活用した人気ゲームアプリなどを、利用するとあっという間に電池残量が減ります。
快適にそういった作業を楽しみたい方は、一度iPhone修理のお店に行き、バッテリーの交換を相談してみましょう。
iPhone修理店の主業務は画面修理や水没修理ですが、同時に電池交換の依頼も引き受けてくれます。
経年劣化が進んだ物から新品の物に入れ替えてもらえば、機種変更をする事なく、気になる悩みが解決します。
世代や機種によって交換に掛かる費用はピンキリですが、いずれもリーズナブルな価格帯で済みますので気兼ねなく相談して大丈夫です。