バッテリー交換は一日で終わる?

バッテリー交換は一日で終わる? iPhone修理でも利用者の数が多いのがバッテリー交換ですが、どのくらいの時間がかかるのでしょうか。
新しいバッテリーにする方法としてはアップルへの配送という形が1番信頼性が高いですが、完了するまでに1週間以上はかかるのがデメリットです。
そこで一日ですぐに交換したいという方に最適なのが、街のiPhone修理ショップとなっています。
このショップでは互換品ではありますがしっかりとしたPSE表示がある商品が用意されており、安全性が認められた蓄電池を使用しています。
在庫さえ持っていれば修理はすぐに完了しますし、スピーディーなショップなら20分程度で完了します。
家電量販店のように混雑している事も少ないですし、アップルへの発送という日数とは大きな差があるのがメリットです。
もし在庫が無かった場合でもショップでは主流の修理ですのですぐに入荷しますし、近くに別のショップがあるならそこに持ち込んでも良いでしょう。

輸入製造元などの記載がある正式なバッテリーを使用するiPhone修理

輸入製造元などの記載がある正式なバッテリーを使用するiPhone修理 iphoneを長年使用していると消耗品であるバッテリーは劣化します。
充電容量が減少してきて、以前ならフル充電で2日くらい使用していたものが1日もたなくなることもあり、劣化を解消するには交換が必要で、この作業は基盤と周辺のコネクタを取り外す専門のiPhone修理専門業者の知識が必要です。
業者が使用する部品はすべてapple社が製造しているものでバッテリーの場合は、交換するものの表示を調べることで判別できます。
裏面を見るとPSEマークが付けられていて、これは電気用品安全法の規制対象内にある製品の身に経済産業省が記したマークで、安全な使用が証明されていて他にも輸入製造元の会社名が正式名称で記載されていたり、会社が自主的に検査して合格したことの証であるシリアル番号が記載されています。
部品はできるだけ日本製のものを使用していますが、輸入したものでも厳しい検査をクリアしたもののみをiPhone修理に使用しています。